ブラックでも融資は受けられる?


ブラックになってしまうと、どのくらい融資が受けにくくなるのでしょうか。
一般的に、延滞などが原因でブラックリストに名前を連ねた場合は、記録は5年間残されます。
破産宣告などの公的情報は7年間から10年間といわれています。
ブラックリストに名前が載って融資が不可能になったとしても、5年〜10年の期間が経過することを待つことで融資が受けられます。
信用情報会社に聞いてみることで、情報が消滅する期間はわかります。
各社によって期間は違うため、問い合わせてみることが確実です。
ローンやクレジットカードが新しく使えないだけで、ブラックリストといっても行動に制約などはありません。
10年間はそう長い期間ではないともいえるかもしれません。
自分の信用情報にどんな記録がされているかについては、信用情報機関に普通に手続きをすることでわかります。
身分証明が可能な免許証や保険証を提示すれば、信用情報会社から信用情報が開示してもらえます。
電話等で問い合わせることでやり方はわかります。
郵送で内容を送ってもらうこともできるそうです。
なぜ融資を断られたのかどうしても腑に落ちない時などは、自分で信用情報を確認して内容が適切なものか調べてみてもいいでしょう。
ブラックリスト入りした場合でも、永遠に融資ができなくなるとは言い切れません。

ランキングへ